自分でやれないのに、自分でやりたがる

01


一度スイッチはいると、激しく慟哭します(((( ;゚д゚)))
なので、一人でやれる(やれないけどやりたがってる)ことは、手を出さずに見守るようにしています。
これで泣きだされると、ほんとうに激しいものですから・・・(汗)
しかし、なかなかうまくいかずに、困っている様子だと、ついつい自然に手を出してしまう親心・・・(汗)

こちらは親切のつもりでやっているのですが、むちゃくちゃ「うあああああああっ」って泣かれます。
できないから手伝ってるのに…まぁ面倒くさい!!!(汗)

でも比較的、私はのんびりした性格ですし、まだ子供たちも保育園や幼稚園に行っているわけではないので、時間に制約がありません。なので、用意に慌てる必要もないので、彼女たちのペースでやらせるようにしています。



しかし、あまりに放っておくと・・・



02

きゃえたんにばっかり構っていると、なぜか自分でできることもできないアピールをして甘えてくるなーたん。
とくに、朝は最近トイレトレーニングをはじめているせいもあり、ドッタバタ。
そういうときだと余計に、自分でできない、ママやって、とお願いしてきます。
さっきまでのヤルヤルモードはどこへやらです。
一種の甘えなんでしょうか。

ちなみに、きゃえたんは、なーたんより頭が大きめなので、服が頭を通らないときがしばしば…お手伝いが必要です(汗)


褒めてほしい!



03

自分で着ることができたら、必ず、「ママ~、できたよ~」と言って、母の胸に飛び込んできます。

自分でやることができた達成感、そして、それができたことにより褒められることが、なーたんにとってはとっても嬉しいのだと思います。

だからこそ、親が手を出すと、驚くほど怒るんでしょうね~~^^;


成長の証



服以外にも、歯磨き、靴を履く、ドアをあけるなど、様々なシーンでヤリタイモードになってしまう双子たち。
大人がやった方が早いという場面もたくさんなのですが、成長の証ということで見守っていきたいと思います。
最近、だんだんと自分でやれることが多くなってきて、嬉しい反面、すこしさみしい気持ちになるのは何故だろう…(´・ω・`)




だい



ランキングに参加しています。よかったらポチおねがいします~
 ブログランキング・にほんブログ村へ 
 フォローお願いします(*´∀`*)ノ。+゚ *。
バナ3 バナ1 バナ2