01


最近、アンパンマンのパズルを購入しました。

なーたんが、とても上手に組み立てるのですが、
それを見たきゃえたんは、すぐバラバラにして、あたりにパズルのピースをばらまくのです。
しかも、割と喜々として。

もちろん、なーたんは、ギャン泣き。

いつものことで、私はいつも、「なーたんが遊んでいたのに、ぐちゃぐちゃにしちゃだめだよ。仲良く遊びなさい」と言って、二人の間に入って一緒にパズル遊びをします。
そうすると、きゃえたんはもうぐちゃぐちゃにしたりしませんし、なーたんも「最初から作ろうね」と言うと、気持ちを持ち直して、二人で一緒にパズルを完成させるのです。

思うに、きゃえたんはなーたんほど、うまくパズルをはめれないので、上手にできているなーたんがうらやましい(くやしい??)のではないかな??なんて思うのですが・・・本当のところはわかりません。


外に追い出すよ!




その日も、いつもの通り、きゃえたんが、なーたんの作りかけのパズルをぐちゃぐちゃにしてしまいました。
ただ、いつもと違ったのは、私はお皿洗いをしていて、パパが二人の様子を見ていたということ。

パパは最初は「やめなさい」ときゃえたんを窘めるのですが、きゃえたんの行為はエスカレート。
ぐちゃぐちゃにした上に、床に放り投げるという始末。
これに対して、パパは怒り、
02
「外に追い出すよ!」

と言って、実際にきゃえたんを玄関の外まで連れていってしまいました。
とはいえ、玄関に出された時点で、ギャン泣きでしたので、数秒もたたないうちに、二人とも部屋に戻ってきたんですけどね。

ただ、私はこのパパのやりとりに、つい・・・

03

「そこまでやらなくてもいいのにな~~」なんて思ったのです。
なぜなら前述した方法で、お互い収まるからです。

ただ、パパも怒りにまかせてした行為ではなく、彼なりのしつけ方法でやったように見受けられたので(パパは私にたいしては笑っていたので、余裕はありました)
このときは、口に出さずにおりました。


しかし、また「外に追い出すよ!」

 


それから翌日のことです。
パパが、きゃえたんの耳掃除をしたあと、なーたんの耳掃除をしたのですが、
耳掃除中のパパに遊んでじゃれつくのです。
とても危ないので、パパはまたきゃえたんに注意しました。

04

「また、外に追い出すよ」

そう言うときゃえたんは顔を歪ませて、私のもとにやってきました。

そこで、ちょっと私は・・・「ん・・・??」と思ってしまいました。
05

あまりにも気軽に「外に追い出すよ」って言いすぎじゃないか???って。

果たして脅して、言うことを聞かせるようなやり方って正しいのか・・・?
もちろん、場合によってはしつけとして「お仕置き」が必要な場合はありますが、この場面では必要だったのか??

育児やしつけに、正解はないというか、難しいところなので、「外に追い出すしつけ」をはっきりと否定はしにくいのですが(私もやられたことがありますし)
否定はしませんが・・・乱発しすぎるのはよくないんじゃないか・・・??って。


娘が寝た後、家族会議



一応、娘が寝た後、パパに「外に追い出すよ」って言うのはやめた方がいいんじゃないか、ということを話しました。
パパはすんなり「は~~い(しゅ~ん)」と了承してくれました。

・外に追い出すことによって、本当に遊びに出て行ってしまう可能性
・脅して言うことを聞かせても、なぜだめなのかを理解しなくては意味がない

上記を告げて、理解してもらいました。(たぶん理解してくれたはず…後日予想外の怒り方をしたのでw)

非常に難しいところですが、「外に追い出すよ」と言うしつけは一長一短なところがあって、子供に言うことを聞かせるには即効性があるとは思うのです。その言葉一つで、すぐ悪さをやめる。でも、それを毎回怒るたびにやっていたら、心がそう言われることに慣れてしまうんじゃないか・・・?そこが心配です。
言われ慣れて、効き目もなくなりそうですし。

言い聞かせてやめさせるのは、すぐにはどうしてもやめてくれません。
でも時間がかかるけど、もう2歳ですし、わかってくれます。とても根気がいりますけどね。

あと「外に追い出すことによって、本当に遊びに出て行ってしまう可能性」に関しては、私自身の幼少期に経験があるので、正直、本当に気を付けた方がいいと思います…( ;∀;)
その昔、私が3歳のころ、どうしてもポテチが食べたいけれど、買い置きがなく、母がわがままを言う私に、「そんなに食べたいなら、自分で買ってきなさい!」と言ったところ、本気で、信号一つ向こうにあるスーパーまで一人で行ってしまったことがあったそうです。親は言ってしまった手前、後ろからこっそりついてきたそうです。親としては本当に行くとは思ってなかったとのことで、子供は時に、親が思っている以上の行動力を示す場合があります。
…ポテチ大好きなもので。

先日、北海道の少年が、お父さんに躾で山林に置き去りにされて、そのまま行方不明になってしまった事件がありましたよね。あの時、ワイドショーや、ネットでは、ありえない、ありえないとまくしたて、被害者であるにも関わらず、家族を追い詰めるような報道がされていましたが、私は十分にあり得ることだなと思っていました。だからこそ自分も気をつけなければと、考えさせられました。

また昨今は物騒ですし、子供が外に一人でいることで事件に巻き込まれることを想像するとゾッとしてしまいます。
(考えすぎでしょうか…)

やはり、子供と真剣に向き合っていると、どうしても自分の思い通りにならないことに直面します。
しかし、そうなったときに、カッとならないで、冷静に子供に危険の及ばない方法で、しつけを行うべきですよね。
LINE読者登録
▼ランキングに参加しています。
▼よかったらポチおねがいします~
にほんブログ村 子育てブログへ