このたび、サンワダイレクト様から「すっごく細いタッチペン」を送って頂きました。

こちらです!

わずか2ミリのペン先で正確タッチ!極細タッチペン






なんと、ペン先が極細2.0mmという驚異の細さです。
見た目は本物のペンと全く変わりません。





電池を入れて電源を入れてみました。

ペンの重さは、多少普通のペンより、電池が入っている分重いかもしれませんが、気になるほどではありません。





ちなみに当ブログはイラストを描いているブログですので、
早速、こちらの極細タッチペンでイラストを描いてみました。

image2


イラストを描いたソフトは無料アプリのメディバンペイントです。

さささっと描いてみましたが、実際の描いている感覚より、多少の遅延があるようですね。
まっすぐな線は早く描くと描けますが、ゆっくり描くと、線がブレます。
なので曲線をなめらかに描きたいと思ったら、早く描かないといけないので、思うように描くのはなかなか難しい。


たとえば鉛筆書きのような雰囲気で線多めで描画する方なら問題ないかもしれませんね。





精密なイラストを描くのには向いていませんが、下書きや落書きをするならとっても便利です。

色を塗るなどの作業はペン先が細いこともあり、とてもやりやすいですし、アプリ内の小さいボタンを押すのもとても選択しやすかったです



というわけで仕上げてみました。
これくらいのイラストなら描けそうです。

ちなみに筆圧感知の機能はこのタッチペンにはありません


字も書いてみました。
さすがに紙に書くのと同じようにとはいきませんが、ペン先が細いので書きやすいです。

丸や三角などをササッと描く分には、問題なく描けるので、プレゼンなどには問題なさそうですが、イラストを描くには絵柄の向き不向きがありそうです。



極細タッチペンの利点としては、
image1
こういった小さなリンク先もピンポイントで押しやすいところでしょうか。
指だと、一緒に隣のリンクも押しそうになってしまいますもんね。
こんな小さなリンク先でも感度よく一発で反応してくれました。







サンワダイレクトファンサイト参加中

モニター様のリアルな声をご紹介!「Real Voice」