今朝、小児科から電話がありまして、ギョッとしました。

検査結果が、今日出るから、また来てね。とお医者さんから言われていたので、

もしや、なにか悪い結果でも出たのだろうか!!!とドキドキしてたんですが、

単なる体調の確認の電話でした。


うう~、朝からとても心臓に悪かったですよ~~。


今朝はあまり体調に変化はなく、ぐったりきゃえたん。




抱っこしてたら、なーたんも、ぐりぐりお尻を押し付けて無理やり座ろうとしてきます。


あと、きゃえたんに薬を飲ませてたら、「わたしもわたしも~~」といわんばかりに、大口をあけてお薬をねだってきたり、

きゃえたんに飲ませようとした麦茶を奪おうとしたり・・・・・・



どうやら、ママがきゃえたんにつきっきりなのが、お嫌なようです!!!

いつもはなんでもないところで、怒ったりしますからねぇ~


あと、ほっぺを指差して「かーいー(可愛い)」を連呼。




これをやると、大人たちが注目するのを見越してやってるのではないか…と考えると、なんだかいじらしい。


風邪で辛いのはきゃえたんですが、なーたんもいろいろ我慢をさせてしまっているので可哀想です。


幸い、今、実家にいるので、ばあばがいるおかげで助かっております。

ばあばは午前中はパートに行っておりませんが、午後はばあばになーたんを任せて、病院に行くことができます。なーたんもがっつりばあばと遊べて楽しんだみたい。





ちなみに、花冠をつくって頭に載せたら、「かーいー」を連呼していたので、完璧に意味を把握している様子ですよ、この子。




一方、きゃえたんは今日も食欲がないので点滴をうってきました。

点滴の針を入れるのが、とても難しいのか、看護婦さんに連れられ、30分弱…きゃえたん、ずっと泣いてました。そして、看護婦さんの「ごめんねぇ~」「わたし自信ないです・・・」の声・・・。

結局、看護婦さんにはお手上げだったみたいで、お医者さんがやってくれたのですが、

私のもとに帰ってきたきゃえたんは汗でぐしょぬれでした。




看護婦さんを見るたび、恐怖で泣いてしまうきゃえたん。

完全に看護婦さんは敵とインプットされた模様。


点滴が効いたのか、汗をたくさんかいたのがよかったのか、なんだか熱は下がってきました。

よかったよかった。