09
先日のこと。
結膜炎になったきゃえたんを眼科に連れて行ったあと、夜中に40度以上の発熱。

ただの結膜炎じゃないなと思い、翌日小児科に連れて行ったのですが、アデノウィルスも、溶連菌も陰性。ただの風邪と診断されましたが、解熱剤の座薬をさしてもちっとも熱はさがらず、最高40.8度を記録。
食欲はなくなり、毎日ゼリーを食べていました。

三日後、熱は下がったのですが、頬とおなかに発疹を発見しました。

10

…突発性発疹じゃああああねえええええのおおおお!?!?


きゃえたん4歳半。0歳から2歳ぐらいになるという突発性発疹を経験したことのない双子。
このままなることなく終わるのかなと思っていたのですが、ネットに書かれている突発性発疹の症状とほぼ一致。病院に行き、先生もこの発疹の出方は水疱瘡ではなく突発性発疹だね!とお墨付き(?)をもらったのでした。
結膜炎は…私が結膜炎だったのでうつったのでしょう(ごめん…)

こんな感じで、結膜炎と突発性発疹を同時に発症してしまい、かなり辛そうだったきゃえたん。
発疹は3日ほどで、顔からおなか、おなかから下半身へと移動し、消えていきました。
体調がなかなか戻らなくて一週間ぐらいぐったりしていました。いつもお昼寝をしないのに、午前中と午後にお昼寝しないと体がもたなかったみたいです。
40度の熱が3日出ていたから体力を消耗してしまっていたんですかね。

そんなきゃえたん。
噂に聞いていた突発性発疹後の不機嫌モードも見ることができました。
4歳の不機嫌モードはなかなかに細かい指定が…うん…イラッとしましたが、病人だから…ね。
がんばったですよ。わたしは…w
11

椅子の位置をミリ単位で指定してくる細かさ・・・・ッ

というわけで、4歳になってからも突発性発疹になるぞおおおおお!!ということを声高に叫んでおきます。(そしてなーたんもまだやっていないので、これからなる可能性が0ではないという…)

LINE読者登録
▼ランキングに参加しています。
▼よかったらポチおねがいします~
にほんブログ村 子育てブログへ