5月中旬ごろから6月にかけて、ずーっと調子の悪かったむすめっこさんたち。やっぱり集団生活をしていると病気になりやすいですね。溶連菌にかかったり、普通の風邪をひいたりとしていました。
でも風邪の方はそんなに重症じゃなくて、熱もなく、鼻汁がでてるぐらい。

でもこれがすべての発端だったのです~~

最初はこんな感じ。

05
なーたんは、幼稚園に行き始めてから、幼稚園で教えてもらった歌をよく歌っていたんですね。で、きゃえたんといえば、フンフーンとメロディは覚えているけれど、歌詞は覚えていない様子。
鼻歌でごまかしてる~wwと笑っていた母でした(オイ)

その後、

06
なんだかきゃえたんがつれない。
どんなに声をかけても返事をしないのです。
牛乳にする?麦茶にする?と聞いても、つーん。
ねえ、何か言ってよ!!と声をかけてもつーん。
パパにもなーたんにもつーん。

ここでも私は、なんだ?反抗期か?とか思っていたわけです(ばかばかばか

そしてこんなつれない様子から3日後、


07

なーたんが突如夜中に「耳痛い~~~!!」と泣いて起きました。
これでやっと、私はあっ、なーたん中耳炎になってもうた!と気づいたのです。
そして、ついでに鼻水が出てたのできゃえたんも耳鼻科に連れていったら、なーたんは急性中耳炎で、きゃえたんは両耳とも滲出性中耳炎になっていたのです…(トホホ)
先生には、この子、なんも聞こえてないよ。と言われてしまいました。
気づくきっかけはたくさんあったのに、なーたんが急性中耳炎になるまで全く気付かなかったきゃえたんの滲出性中耳炎。症状がわかりにくいし、本人は痛みを感じないので気づくのに遅れて重症化することが多いそうです。
小さい子は自分の症状をうまく伝えられないのでこういった様子で母親が気づいていかないとですね(汗)
ちなみに、子どもが無視をする以外に、言葉の発達が遅い、妙に不機嫌ということが症状にあるそうなので、あら、うちの子も似たような症状がある…と気づかれた方はぜひ耳鼻科へ~~~( ;∀;)

うちの子は、なーたんは1ケ月の通院でやっと治る兆しが見えてきましたが、きゃえたんは全然です。
今度手術するかもしれません~~!!ネットの情報では痛そうなので、なんとか薬で治癒してほしい…
ちなみに、かなり強烈な風邪菌だったのか、

08
私もすぅちゃんもうつって、私は副鼻腔炎になってしまいました。超絶顔面が殴られたように痛かったです…。しかも蓄膿になってしまって治るのに時間がかかりそう…
すぅちゃんはきゃえたんの反省を生かして早めに耳鼻科に行ったので中耳炎にはならずにすみそうです。
熱はなくても鼻水でるときはやっぱり早めの耳鼻科ですね…


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
フォローお願いします(*´∀`*)ノ。+゚ *。


 
 
ランキングに参加しています。よかったらポチおねがいします~
 ブログランキング・にほんブログ村へ