先日、すえむすめのすぅちゃんが生まれて、なーたんが荒ぶっているということをブログで書きましたが


きゃえたんも、やっぱりいろいろ我慢しているのか、この前初めてこんな喧嘩をしていました。

01

とってもくだらないことで大喧嘩したなーたんときゃえたん。
どのくらいくだらないかと言うと、ドアを先に開けたかったとか先に手を洗いたかったとか…というとてもつもなくどうでもいいことですw
しかし、かなりの大喧嘩。
押したり、倒したり、蹴ったり。
とにかく猛烈に荒ぶっていました。
02

しかし、その二つの先にやりたかったことをすべて、なーたんにとられてしまったきゃえたんは…ぽつり。

03


なーたん、やだ。
なーたん、いないほうがいい。

なーんて、言うのです。


初めてのことだったのですごく動揺する私。

04

いないほうがいいの?一緒に遊べなくなっちゃうよ?と聞いても、泣きながら頑なに「いい、いなくなってほしい」と言います。

05

別のお家にあげちゃうか?って聞いても、「うん」

うへええ、こりゃあ本気だぜ…(;^ω^)
相当お怒りです。


06

どこのお家に行く?って聞いたら、「ママのお家~(つまりは我が家のことです;)」と言っていたのでなんだかきゃえたんらしくて最終的にホッといたしました。

なんというか、そもそも、双子同志でものの取り合いで喧嘩することはあってもこんな取っ組み合いの喧嘩なんてしたことないのです。というのも、いつもきゃえたんが譲る…というか、やられっぱなしだったから。
今回はきゃえたんも激しく応戦。結果的には負けてましたが、負けない気力を感じました。
いままでは双子だけでバランスが取れていた力関係。
すぅちゃんが生まれてきたことで、なんとなーく…きゃえたんの中で譲ってはいけない!という気持ちでも生まれたのかな?なんて思ったり…
なんとなくストレスには感じているのかもしれません。

その証拠にこんなことも言っていました。

07

みんなのことは好きだけど、新しく生まれた妹だけは好きじゃないみたいです。でもなーたんと違うところは、比較的育児に協力的なところ。
すぅちゃんが泣いてたら、おしゃぶりを与えて、バウンサーを揺らしたり、おむつを取って来たりなんだか甲斐甲斐しいです。
きゃえたんは幼稚園でも、お友達におもちゃを譲ってあげたりしているらしいのでそういう気質の子なんだろうなぁと思います。
きっとすぅちゃんが笑ったりしてくれるようになったら、また違ってくるのかな?

なにかのテレビで見ましたが、3歳まではなかなか下の子を可愛がるとかは出来ないとか…。もちろんできる子はいると思うのですが、我が家の双子は発達遅めな気がするので、ゆっくり見守りたいと思います。


あと、パパとも相談したのですが、なーたんの日、きゃえたんの日を別々に設けて、その日だけは1対1でデートとかした方がいいのかな?なんて思っております。本当は生まれる前からやった方がいいのかと思うのですがあまり必要性を感じなかったのですよ。でもすぅちゃんが生まれて、ここまで荒ぶられると親としても何とかしてやりたいので…(´Д⊂ヽ
パパもとくに、きゃえたんのこの話を聞いて猛烈にショックを受けていたのでいろいろ考えたみたい。
さてさてどういう風にデートしようかな~

それでは~