育児ブログ、空色日和のそらこさんが、漫画を担当された「赤ちゃんがやってくる!」を読ませて頂きました~!



タイトル通り、妊娠をし、出産を控えた夫婦が、 これから生まれる赤ちゃんを巡って、お互いの認識のズレを埋めつつ、よりよい家族関係を築くためのノウハウがつまった、漫画です。

双子を妊娠した際に、いわゆる育児書というものは読んだのですが、こういった精神面的な、夫婦関係を主題にしたものは読んだことがありませんでした。ただ、赤ちゃんを育てる方法も大事なのですが、このパートナーシップもとても大事!
この本を読んでいると、最初の妊娠期間中の夫との揉め事をいろいろ思い出してしまいました。
01

あの時にこの本があったら、少しは私の精神的な負担も違ったのかなぁ・・・(苦笑)なんて思っております。

本当に妊娠中って、母親の方はお腹に子供がいるし、明らかに体調が変わるしでいっぱいいっぱいな状態なのですが、それが思うように夫の方には伝わらないものです。口で伝えてもいまいちわかってもらえない。ただの甘えのようにとらえられてしまうわけです。

著者の渡辺大地さんは産後サポート専門家として300回以上の父親学級を開催されている方です。 
この本は、どうしても子供が生まれてからでないと父親になる自覚を持てないお父さん方に、生まれる前から父親になることを教えてくれる本だと思います。 だからこそ、初めて子供を持つご夫婦の方には絶対に読んでほしい漫画です。

なぜなら、揉めに揉めまくった私たち夫婦がお互いの認識をすり合わせて、本当の夫婦になれたなと思えたのが、子供が生まれて1年後…(遅い)
本当に、こじれたら修復するのに時間がかかる・・・!
辛い妊娠期間を耐えるよりも、こういった本をヒントに夫婦の関係性を良好なままで、可愛い赤ちゃんを迎えてたかったものです。


ちなみに私は現在第三子を妊娠中なのですが、そんな私でも、「へ~~、そうなんだ!」と初めて知った妊娠中の体の変化の理由や、産後の産褥期のことを改めて理解したことで、次の出産への心構えができました。
非常に勉強になる御本です。

内容は非常に深く、妊娠中から出産後1年までの流れなど、情報量も盛りだくさんなのですが、そらこさんのかわいらしい漫画のおかげでスラスラ~~と読めてすんなり頭に入ってきますので、本を読むのが苦手だ~…という方にもおススメです(人´ω`*)♡

赤ちゃんがやってくる! パパとママになるための準備カンペキBOOK<赤ちゃんがやってくる!> (コミックエッセイ)